通信高校 通信制高校 無料 一括資料請求

通信制高校とは

皆さん、通信制高校という言葉はよく耳にしますね。ですから聞いたことがないという人はまずいないと思います。
しかし、では通信制高校って何?どういう仕組みになっているの?と聞かれると答えられますか?
また、通信制高校を知っている人で、何らかの理由によって通信制高校に興味を持っている人もいると思います。
今日は通信制高校についてお話していきましょう。

まず、通信制高校とは、その文字の通り「通信によって教育を行う課程」のことをいいます。
通信を利用してまるで学校に通っているのと同じように、授業がうけられるというわけです。
また、通信制高校に限るわけではありませんが、高校を卒業するためには、3年以上学校の出席期間を満たしていないといけないのです。
そして、卒業の時には高校の卒業資格を持つことができます。
このために、通信制高校の卒業後に進学を選ばなかった人は、最終学歴は高校卒業とだけになります。

通信制高校卒業の条件

また、通信制の高校を卒業するには条件が必要です。
その条件のお話を始めましょう。
通信制高校を卒業するためには以下の条件を満たさなければなりません。
その条件は3つです。

一つ目は、3年間以上の在籍期間がいります。
これは学校教育法という条例で定められているものです。

そのために、初めの年度に単位の取得をがんばったとします。
しかし、3年以上学校の在籍しなければ卒業は認められないわけです。
ただ、編入してきた、転入してきた、ということで、通信制高校に入ったときは、前の学校での在籍期間も含まれます。

二つ目の条件は「単位」です。

単位については、3年間で74単位を取っておく必要があります。ただし、編入や転入で通信高校入学したときは前の学校の単位も含まれます。
その単位の取る方法ですが、このような形式になります。
勉強するつぎに、レポートを提出する後、スクーリングがあり出席します。そしてテストという形式を繰り返しながら、単位をとっていきます。
ここで詳しく説明しましょう。

  1. 「勉強」は、学校で用意されたテキストがありますから、このテキストや動画などで自習します。
  2. 「レポート」ですが、学習の理解度を知るために、レポートを書いて学校に送付します。
  3. 「スクーリング」これについては人によっては一番気にかかることでしょう。
  4.  スクーリングは、直接勉強の指導や体験の指導を受けるために通います。

  5. 「テスト」これは単位認定試験を受けます。

注意してほしいのは、レポートを提出していなかったり、スクーリングを休むしかも何度もということになると、単位認定試験自体を受けることができなくなります。
最後に三つ目の条件です。

これは特別活動の30単位を取得するというものです。

特別活動とは、ホームルームや体育祭そして修学旅行などという学校行事になります。
通信教育といっても、このように学校行事は普通にあります。
これらに3年間で30単位以上参加することが条件になります。
ただし、スクーリングが年に1回だけという学校もあります。
このような学校の場合は、その期間中に体験学習や体育祭などがあり、特別活動の単位を取るようにしていくことになっていきます。
ここはひとつ、がんばって単位をとっていってくださいね。

また、通信制の学校はどのような人が通っているのでしょうか?

これも気になるところではないでしょうか?
通信制ですが、全日制や定時制とならぶほどの教育課程をもっており、その人それぞれに合ったペースで学び、卒業資格を取ることができます。
このため、すでに社会人として働いている人や高校を何らかの事情で中退した人、学校不信で今通っている学校では卒業が困難である人など、その理由はその人さまざまなのです。
ここ最近では、不登校で悩んでいる生徒、発達障害によって、普通の学習が難しいという人などにも適しているとされており、注目を浴びています。
その他には、芸能活動やスリーと活動と学業を両立させるという意味でこの通信制を選ぶ人もいます。
まさに、その理由は様々ですね。

全日制・定時制・通信制の違い

学校は通信制だけではありません。
全日制や定時制もあります。
ではこの通信制との違いはどこなのでしょうか?

全日制高校

まず、全日制の学校では通常の平日の投稿で、一日5時間から8時間の授業があります。
就業年度としては、3年間となります。
普通学年制が多いのですが、ここ近年では単位制を入れている学校もあります。

定時制高校

それでは定時制の学校はどうでしょうか?
定時制では夜間や特別の時間帯や季節において授業をおこなうというもので、一日4時間程度の授業です。
就業年度は4年から3年以上に変更されました。

通信制高校の入学の時期

話は通信制に戻りますが、いよいよ気になってきた人に贈るお話ですが、入学と卒業の時期ですが、通信制高校は単位制で2学期制としている学校が多いのが現状です。
そのため、入学は4月と10月に行われる学校が多いですね。
またその時期に合わせて、新入生を募集するのは」、3月・4月・8月・9月に募集する学校が多いです。
中には随時募集している学校もあるようですから、良く調べたほうが良いですね。
他校から転入の場合は、随時募集しています。
編入は新入学に合わせて4月と9月に募集したりします。
また転入と同じで随時募集している学校も多いので良く調べてみてください。

通信制高校の卒業時期

さて、卒業時期は、2学期制の学校は4月と10月の入学に合わせて、3月と9月に卒業式をすることが多いのが現状です。
もちろん、必修科目はすべて単位修得また履修認定をされていること(74単位)が卒業する条件となります。

転入・編入

さて、ここの話の中で「転入」「編入」という話が出てきました。
ここで通信制高校の転入や編入の仕組みについてお話してもいいでしょう。
興味のある人は続いて読んでみてください。
転入・編入には、「今いる学校が合わない」「いじめになっていて、今の学校にはいきたくない」
「高校を中退したけれど、やはり高校の卒業の資格がほしくなった」などいろいろな理由で通信制に編入・転入する人がいます。
このような人のために、通信制は転入や編入ももちろん可能になっています。
全日制より全体的にいろいろな面でのハードルが低めになっており、卒業しやすくなっています。
まず、こういう疑問を持っている人はいませんか?

「通信制高校は、いつでも転入や編入ができるのか?」という疑問です。

答えですが、一般的にいうと転入や編入は可能ですが、カリキュラムの理由で受け入れ時期が決まっている場合もあるし、随時募集している学校もあるのです。
じゃあどうすればいいの?
それはその学校の資料を取り寄せる、または直接学校に問い合わせる人も多いようです。

次の疑問として多いのは、転入と編入の違いです。

そうですよね。両方とも似たような言葉ですよね。
さて、どこが違うのでしょうか?

転入

まず、転入ですが転入は、今まだ他の高校に在籍しており、別の学校に入学することつまり転入することをいうのです。
つまり転校のイメージと大きな差はありません。
以前通っていた学校で習得した単位や出席日数によっては、2年次、3年次から転入することが可能になる場合もあるのです。
同級生と同じタイミングで高校を卒業することもできるというわけですね。

編入

それでは編入ですが、編入とはすでに他の高校を中退した生徒が、別の学校に入学つまり編入することをいうのです。
気になる単位ですが、以前に在籍していた学校で取った単位が卒業に必要な単位数に合算されることが多いようですから安心してください。
ただ、編入の時には試験として簡単な面接や引き試験や作文などがある学校もありますが、これは能力を図るものではなく、あくまでもその人の現状を学校側が知るためということでのことが多いようです。

それでは、次に通信制高校の仕組みについてお話していきます。

通信制高校はレポートつまり課題の添削・スクーリングつまり面接指導・テストつまり試験などを通して単位を取っていきます。

単位制を採用

通信制高校は、学年制よりも単位制を採用しているところが結構多いようです。しかし単位制であれば個人の進む度合いで学習を進めていくことができるために、最短で3年で在籍期間を利用すると10年以上かけて卒業する人までいます。

レポート・課題の添削

さて、話は初めに帰ってきて、レポートつまり課題の添削ですが、普通は家で学習して、学校が決めた回数のレポート(課題)を学校に出して添削指導を受けます。
教科書で勉強して、与えられた課題をレポートにして郵送するのが本来だったのですが、近年ではインターネットを活用してeラーニングを実施している学校も出てきています。

スクーリング

次にスクーリングつまり面接指導ですが、通信制の高校にもスクーリングといわれる面接指導があります。
ただしこのスクーリングの内容ですが、毎日の自学自習でわからないところや疑問に感じていることを登校したときに先生に質問するなど、直接指導を受けることをいうのです。
一般的には登校日という風に考えられているようです。
ただ、このスクーリングには学校によっていろいろあり、月に2回程度が大体の学校なのですが、全日制のように毎日登校型から年5日ほどの合宿形式のような、集中型のスクーリングまでいろいろです。
通信制の高校では、レポートの提出やスクーリング、テストなどを繰り返して単位を取っていきます。

テスト

テストは普通の全日制でもありますが、レポートの提出やスクーリングなどは、通信制高校ならではの仕組みなのです。
このため、これに不安を感じる人もいるのでは?
そこでここで詳しくお話ししていきましょう。

・レポートの提出

これは通信制高校は通常登校日がすくないために、学習を基本的に自習になりますね。
つまり学習が進んでいるかどうかをしっかり身に着けているかどうかということを、レポートで確認する必要があるわけです。
これは問題集のような感じでされて、これを科目ごとに記入するようになっており、学校に提出します。
ネットであるか郵送であるかを選択します。そして添削が帰ってきます。
これは大体どの程度の回数かというと、標準的な科目数を受講しているという場合は、月に6本から8本程度です。

・スクーリング(面接授業)

基本的にスクーリングとは、学校やスクーリング会場に登校して、指導者から直接指導を受けることをスクーリングといいます。
通信制は、自学自習が基本中の基本ですが、勉強する中で、わからないところが出てくることもありますし、レポートをまとめようとしてもうまくいかないといったこともあるでしょう。
こういう場合に、そういった課題をこのスクーリングで先生とともに解決していくというのがスクーリングです。
全日制とは違い、毎日通う必要はありません。
科目ごとにスクーリングの出席日数が決まっています。そのため、単位を取るためにはこれをクリアをする必要があるわけです。
登校の回数の少ない通信制では、先生や仲間と触れ合うことのできる大切なチャンスにもなります。
また、勉強だけをするのではなくて、ホームルームをしたり、行事をしたり、遠足などもあり触れ合うチャンスを作っています。
このスクーリングですが、普通のスクーリングは、平日に通うか、学校が用意したスクーリング会場という形で行いますが、登校の仕組みは学校によっていろいろです。違いがあります。
例えば、仕事をしながら学習する人などは、平日には出席することができないですね。
こういう人のために、土日のスクーリングを行う学校があります。
または、何か特別な理由例えば入院や仕事の出張などで出席できない人のために、学校に届け出を出して学校から指定された教材で勉強したり、ネットでのスクーリングで登校とされる学校もありますから、本当にいろいろです。

単位制と学年制との違い

さて、先ほど通信制高校の仕組みについてのところで、単位制と学年制のことをお話ししましたが、ここで単位制と学年制の違いについてお話ししておきましょう。
通信制高校と全日制高校の決定的な違いとしてその一つとして、単位制と学年制という違いがあります。
高校を卒業するには、必要な単位をとらなければいけません。
その単位の取得方法が単位制と学年制では違いがあります。

単位制

その一つ単位制とは、通信制高校の多くはこれが導入されており、単位制です。
これは一つ一つの科目について学習成果を確かめるもので、教科書やテキスト、ここ近年ではeラーニングなどの副教材を使用して学び、定期的にレポートを出します。
それから単位認定試験を受けて、単位を獲得します。
選んだ教科や科目が習得できなかったときも、また次の年に履修することができます。学年も進級が可能になります。

学年制

それでは、学年制とは、普通、全日制と定時制で構成されています。
これは年ごとに課せられた教科や科目を学習して、全部の単位を修得すると次の学年に進級できるというなんだかお得なシステムです。
ただ、単位を一つでも落とすと留年になり、その学年の勉強を再度すべてやり直すことになるのです。
このシステムから、留年して大学の入学が遅れるのが嫌。ということからまたは体調を考慮しながら自分のペースで勉強を進めたいという人などいろいろな人が通信制の高校に転入や編入する人がいます。

それではここからは話を変わって「通信制高校の授業内容と授業スケジュール」などをお話していきましょう。

この辺のお話は、特に興味があるのではないでしょうか?
例えば通信制の高校は、どんな雰囲気でどんなふうに授業がされていくんだろうとおもっていませんか?
もちろん、学校ごとに違いがありますが、ここでは一般的にお話ししていきましょう。

まずは、通信制高校の授業は?
授業ですが、スクーリングになります。

スクーリングで行われる授業は、先生がレポートに沿った内容の授業を行っていきますので、自分だけの学習でわからなかったところをここで理解ができるというわけです。
事実、たくさんの私立系の通信制高校は、普通科の学校よりも少人数で授業が行われるので、普通よりは丁寧な指導が受けられるようです。
そして、ただの一方的な講義ではなく、生徒同士でのグループワークや個別での復習など次の勉強への理解が深まるような授業も行われているというのも事実です。
その他では、ゼミや体験教室という生徒自身の好みや目標に合わすことのできる授業を受けられる学校もできてきています。
ただ、これらは直接単位取得に必要なものではないことも多いことなのですが、その反面良いこともあります。
それは、息抜きをしたり、また集団生活を学ぶ場として活用することができたりするのです。

次は、授業のスケジュールについてです。

通信制でも、登校頻度によって授業のスケジュールは変わってきます。それは学校への登校数が多いほど、体験授業や資格取得の勉強などの特別な授業を受けるチャンスも増えます。
登校時間ですが、だいたいは9:00〜10:00程度になっています。
普通科よりも時間にゆとりを持った登校時間になっていますね。
電車などの交通機関もあまり込み合っていない時間帯なので、通学する本人も快適に通学することが可能になっています。
午前中は、午前中だけで授業が終わるときもありますし、月に2回くらいの登校頻度の時は午後まで授業があるときが多いようですね。
また、午前中に単位に必要な勉強をして、午後には体験授業や自習・部活という形もあります。
どちらかというとあまり形式ばったものではありません。
また、学校ごとに行っている特別な授業があったり、体験があることもここ近年では多くなってきている傾向がありますね。
その他として、学校の登校の回数や目標別のコースがいくつか用意されていることもあり、その目標別やコース別の違いによって授業の内容やスケジュールも違ってきています。

さて、いよいよ卒業を考える時期に来た時のお話をしましょう。

というのは、通信制サポート校を利用して卒業を目指すということです。

これは、通信制サポート校というのはどういうものかというと、通信制高校に在籍する生徒に対し、3年間で卒業できるように単位のとれるようにするまたは、進級などに必要とされる支援を行う民間の教育施設のことです。
通信制高校と名前が似てはいますが、サポート校だけでは通学しても高校卒業資格をとることはできませんので、誤解のないようにしてくださいね。
通信制高校は、自学自習が基本的なものであり、学校に行く回数も少ないので、勉強の面などで途中でやめるなど挫折してしまう生徒も少なくありません。
そこで、全教はもちろん、精神面や生活面という部分でもサポートするところとして通信制高校とともにサポート校も利用する生徒が近年増加しています。
このサポート校というのは、通信制サポート校といい、この通信制サポート校とは通信制高校に通う生徒たちが3年間で卒業ができるよう、単位取得や進級などの支援を行う民間の教育施設をいいます。
この通信制高校を卒業するには以前にお話ししたように、レポート・スクーリング・テストを超えて単位を取得しなければなりません。
しかし通信高校では、勉強を独学で行わなければならないために、途中でやめてしまうケースが多くまた、卒業までに5年以上かかってしまうようなこともあるのが現実です。
サポート校では、このような生徒を学習面や生活面、精神面でサポートすることを目的としているわけです。
ただ、サポート校内でも目標コースが分かれている場合があります。
通信制高校と同じに入学することによって、高校卒業資格を取得するコースもありますし、高卒認定の受験を目指すコースもあります。
また専攻のみの修得コースなどいろいろな形があります。

サポート校

ただ、ここで見逃してはならない注意事項があります。
それは、サポート校だけでは高校卒業資格は得ることができないということです。
というのも、サポート校は、勉強やそれ以外の相談にものってくれる簡単に言えば、塾のような存在です。
高校とは違いがあります。
サポート校は学校教育法で定められた法的な学校としての認可は受けていないので、サポート校だけでは高卒の資格つまり学歴の取得はできません。
高卒の資格を取得するには、必ず通信制高校への同時入学が必要ですから、ここを間違わないようにしてくださいね。

ただ、サポート校はとてもおもしろいところです。
サポート校の運営は主に学習塾や予備校・専門学校などの教育関連の学校であり、それぞれの特色を生かした形で運営されています。
ですから、進学塾の運営するサポート校なら難関大学への特別コースや教師が自宅へ教えに行くコースがあったり、専門学校なら美容や健康に関する専門的な内容を勉強するコースがあったりとそれはそれはバラエティーいっぱいですから楽しいですね。

でも楽しいだけではいけません。
そうです。

費用はどうなのか?ですね。

サポート校の費用ですが、基本的に通信制高校とは別になっており、別に費用が出てきます。
また登校する頻度によっても金額が違ってきますから平均すると以下のようになります。

 

  • 通学ペースが週1の時 初年度は約300.000円(入学金込み)
  • 通学ペースが週3の時 初年度は約550.000円(入学金込み)
  • 通学ペースが週5の時 初年度は約800.000円(入学金込み)

となります。
ただし、専門的な授業内容であったり、体験が多いサポート校の場合はさらに学費がかかるときがありますので、注意してください。

サポート校のメリット

このように、バラエティーいっぱいのサポート校ですが、これを利用するメリットとはどういうものがあるのでしょうか?
サポート校は全国で約200以上あるといわれています。
たくさんに人が利用していますが、さて、そのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

メリットですが、普通の高校と違って生徒の一人ひとりへの細やかな対応をしてくれます。

サポート校は少人数ですし、担任制を行っているため、学習のフォローが十分に行き届いているといえます。
個人の勉強の進み具合に合わせてくれており、細かく指導してもらうこともできます。
約3年で通信制高校卒業ができやすくなります。

二つ目のメリットとしては、生徒はいろいろな人がいますが、中には不登校などつらい経験をしてきた生徒もいます。

そのような生徒の登校のペースをアップしていくことができたり、教師自身が自宅まで行って、授業を行ってくれるスタイルもあり、こういうことから、次第に登校するペースを増やすということもできるというのがメリットです。
つらい思いをしてきて登校するのは、非常に困難を伴います。
このような時、このようなメリットがあるといいですね。
また学校内ではいじめ防止のためとして、休み時間も教師がクラスにいるようにしたり、クラス分けなどにも配慮しているサポート校もたくさんあります。
もちろん、カウンセラーが常駐しているがっこうもたくさんあります。
ですから子供だけでなく、その子供の親も相談に乗ってもらうことができるという頼もしいこともあります。

三つ目のメリットとしては、最低限の校則はあるものの、ほとんどなく自由です。

制服もその一つです。
制服のある学校もあるのですが、着たくなければ着なくてもよいのです。あくまで自由。
髪の毛の色も厳しく言われることもほとんどなく本当に自由なんです。
こんなに自由ですから、アルバイトやその他の活動に支障がない程度の身なりも自由に楽しくことができます。
これは普通の学校ではできないことですね。

最後に四つ目のメリットですが、生徒個人の才能や興味によって芸能やスポーツ・アートなどの普通の高校では習得できない知識や技術を学ぶことができるのです。

例えば、午前中は通信制の高校の授業をして、午後からは選択の授業というカリキュラムや曜日ごとに専門分野の授業を取り入れるという、学校によってはいろいろなことができるようになっています。
興味を持ったことにはすぐにチャレンジすることができる体制が整っているのです。
ここまでお話ししてきましたが、いかがでしたか?
通信制などの学校もかんがえてみてもいいのではないでしょうか?

更新履歴