通信制高校 普通科 専門学科

通信制高校の普通科と専門学科とは

通信制の高校には、普通科と専門学科、総合学科などの学科があります。
普通科だけの学校もありますし、専門学科や相貌学科を併置している学校もあります。

普通科とは、普通教育を主に勉強する高等学校に設置される学科をいいます。

普通教育は、専門分野に特化した専門教育に対して、幅の広い分野の中で基礎的なものを扱っています。
普通化では国語や地理歴史、公民、数学保健体育、理科、外国語、芸術、情報、家庭などという各教科の教育活動が行っています。
それでは、専門学科はどうでしょうか?

専門学科は、その言葉通り、専門的なことを教育していく学科のことです。

職業教育を主とする学科、つまり職業学科と、そうでない普通教育をもう少し高度にさせた専門教育をする学科に分かれます。
職業学科では、農業や商業、工業、家庭、水産、看護、情報、福祉などの学科があります。
そして職業学科ではない専門学科では、体育、理科、数学、音楽、外国語、美術、国際関係などのある学科があります。

 

それでは、総合学科というのはどういうものなのでしょうか?

総合学科とは、幅広い選択科目の中から、生徒が自身で科目を選び、生徒の個性を生かした学習を重点においた学習をしていきます。
ですから、高校1年生のときには幅広く学び、2年生からは、専門的な系統の勉強になる学校が多いようです。