通信制高校 授業料

通信制高校の授業料

普通の高校から通信制高校へ進学や転入を考えると、どうしても気になるのがその学費ですよね。
ここでは、どの程度の費用が掛かるのかどうか?どんな制度を使うと費用が抑制されるのか?ということをご紹介していきましょう。
ではお話ししますね。
通信制高校にも公立と私立があります。

公立の通信制高校は比較的学費は安くなっています。

だいたい、入学金が500円・授業料が年間1間年から3万円程度です。
その他の費用として、年間3万円程度がかかります。
確かに安いですね。

では私立ではどうなのでしょうか?

私立では公立に比べると、割高になっています。
やはり私立である以上、仕方がないのかもしれません。
私立では、入学金が2万円から5万円・授業料は年間18万円から。これは単位あたり6000円からになります。
その他の費用として、年間3万円程度はかかります。
さすがに私立は高いです。
しかし、私立は公立に比べると、レポートの提出やWEBサイトやメールを使ったり、学習の進め方やサポート体制が十分です。ですから疑問点や不安をそのままにすることがなく、勉強をしていくことができるのです。
また、テストやスクーリングなども私立のほうが融通が利きやすいという特徴があるのです。
ですから、完全に自力で勉強する公立の通信制高校と比べると、私立の通信制高校が卒業の確率が高くなっているのがここ近年の傾向です。

その他にかかる学費とはどういうものなのでしょうか?

サポート校

これは自分の力だけでは通信制高校の卒業が難しいという人がサポート校などを使って卒業を目指していくことになります。
通信制の高校のサポート校でかかる学費というのは、登校日数や勉強のコース・設備などによってかなり大きく変わってきます。
平均的なもので、初年度納入金は50万円から100万円程度でこれは入学金が5万円から20万円・授業料・施設費用・行事費用などが35まんえんから80万円となっています。
これは私立の全日制の高校と同じ金額となります。
また、サポート校だけでは高校の卒業ができにくいために、どうしても通信制高校にも同時に入学することになります。
これは通信制高校とサポート校の両方の費用がいるからです。
通信制高校だけで在籍している生徒より、学費の負担は大きくなってきます。
ただ、サポート校では、通信制の高校のレポートや認定試験対策やスクーリングの指導などのサポートをおこなっているので、自学自習に不安がある人には心強いと思います。
また、カウンセラーを配置しており、資格習得の勉強や就業体験の授業があるとか、生徒の大きな希望がかなえられる仕組みが用意されているのが、サポート校の特徴なのです。
いじめや不登校の経験からも登校が不安があるという人、いろんなことにチャレンジしてみたいという気持ちがある人にもこのサポート校は役に立つと思います。

また金銭的な面でいうと、通信制高校は就学支援金が使えます。

高等学校就学支援金というのですが、これは高校に通う生徒が学校を通じて国に申請を出すことでもらえる支援金のことを言います。
公立の通信制高校では授業料が全部無料であり、私立の通信制の高校は、年間約12万円が授業料から差し引かれます。
そこで、もっと詳しく説明しますと、1単位の年間支給額は4.812円で、25単位履修したときの支給額は120.300円です。
また卒業に必要な74単位分の支給額で、356.088円です。
ただ、これは所得に応じて1.5〜2倍を上限として支給額が加算されるようになっています。
就学支援金を利用しても、私立の通信制の高校は、自費で払っていかなければいけないところがあります。
しかし卒業率や勉強のしやすさから考えると、私立を選ぶ人も多くいます。
また、奨学金や特待生を使うことも考えに入れるといいでしょう。
奨学金を利用しても費用がまだ足りないんだという人は、学校が用意する特待生というのがあります。
また奨学金を利用することでかなり違ってくると思います。

奨学金

奨学金ですが、日本学生支援機構というところや学校が参加している基金などに審査を依頼します。
そして利用することができると判断されれば、利用できます。
ただしこの場合は返済義務があります。
もちろん利子もかかってきます。

特待生

特待生は、学校が決める大学への進学意欲と学力が伴っているという場合や、芸術・スポーツといった方面で活躍している生徒が利用できるものです。それが特待生というものです。
もし、勉強やその他の活動をかんばりたい。でも全日制には行けないという人は、この特待生の制度をおすすめします。

ただ、登校日の日数が少ない通信制の高校といっても、学費がかかってくるのは仕方がないことです。
自学自習や受験勉強などを、自分でできるだけの学力や精神力があるというなら、費用の負担がない公立のほうを選択しても問題はないと考えられます。
ただ、不登校をしていて決まった日に登校できるか不安であるとか、学力に自信がないけど大学には行きたいんだ、バイトや資格取得などいろんなことをしていきたい。という希望や不安があるときは、私立の通信制の高校に行ったほうが良いかもしれません。
そのほうが結果的には早く卒業もできますし、充実する高校の生活ができるかもしれないからです。
学費は確かに重要な事柄です。

 

それだけを考えることなく、この学校で自分はどんな生活を送れるのかどうかをしっかり、卒業ができそうかどうかなどの、根本的なことまでしっかりと調べて学校を選択することが大事なのではないでしょうか?