社会人 高卒資格取得方法

社会人になってからの高卒資格取得方法は?

家庭の事情があって高卒資格がない、学校での悩みから高校に行けなかった中退してしまったという人でもやはり高校卒業の資格がほしいと思っている人は結構多く存在します。
事実、社会人になってから高校卒業、また同じ程度の資格をとるために、通信制の高校で社会人向けコースや定時制高校、高卒認定という方法が考えられます。

 

通信制の高校・社会人向けのコースがあり、そこで学びながら高校卒業の資格が得られます。

自分で単位の計算をしたり、レポート提出を管理したりする必要はあるのですが、登校の日数も少なくてすみますので、社会人でも仕事をしながら卒業資格をとることができます。
社会人コースは、週に1回登校や土日の授業も可能なところが多く存在しており、他の学校でも年に1回3泊4日のスクーリングがあり、楽しいこともあります。
ただ仕事が忙しい人はスクーリングの日数のこだわり、どの学校にするか決めたほうが、自分に合った学校が見つかると思います。
社会人向けコースでの普段の授業は、パソコンでいつでも受けることができます。
また、レポートも同じようにあいている時間に作り、提出できるということが多いために、負担が少なく卒業を目指すことができます。
この方法は、仕事や子育てをしながら通いたいという人などにも、またかなり勉強から遠ざかっている人や若い学生になじめるかなと不安を感じている人も向いていると思われます。
これだけではありません。

定時制高校に通学しながら、高校卒業資格を得る人もいます。

定時制高校は、夜間など時間帯を選べるので、昼間が忙しくて動けない人でも通うことができるという、どちらかというと時間にしばられない形で勉強ができます。
平日は毎日仕事のあとに通うことになるので、負担が大きいかとは思います。しかし、仕事の状況によっては両立することも可能になります。
ただ、定時制高校は、8割程度が3年ではなく4ねんで卒業ということなので、早く高校を卒業したい人には向いていないかもしれませんね。
もう一つ、高卒認定という高校卒業程度の学力をみる試験があります。
これは、最短数が月で取得できます。
ですから、早めに高卒程度の資格がほしいなと思っている人は、この高卒認定をうけるといいかもしれません。
また、試験を受けるために、学校に通う必要がありません。
10代の生徒や年下の中でいっしょになって勉強するということに抵抗があるというひとには、これは向いているでしょう。
一つ注意してほしいことがあります。

高卒認定資格を取得しても、最終学歴は中卒となります。

びっくりされると思われますが、これが本当です。
ですから、履歴書などには最終学歴のところには、中卒にしてそのあとに「高卒民定試験合格」と書く必要があります。
また、高卒認定試験ですが、合格科目を持ちこすことができるわけで、次の試験の時に前回不合格となっている科目だけ合格となれば問題がないのです。
不合格になった科目が少なければ通信制の高校にある科目履修を使って取得することもできるのです。